• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

クルマを便利にする電装DIY


純正風スイッチで自由にオンオフできるフットライトの作り方(後編)

分岐ターミナルにマイナス線をつなぐ

LEDをつなぐ側とは反対側の、インプット側のマイナスに付属のアースケーブルをつなぎます。

この線は、最初からクワ型端子が付いているので便利

キックパネルを外す

キックパネル裏に、アースポイントがあります。キックパネルを外しますが、アクアの場合は、先にステップを外す必要があります。

キックパネルは、車種によってはネジで固定されています。

ボディアースする

車体金属部分のネジを探して、ネジをゆるめてクワ型端子をはさみ込みます。

ネジをゆるめればクワ型端子は横から入るので、ネジを外す必要まではないです。その後、共締めします。

スイッチのアース線を合流

工程の序盤でスイッチの黒に延長コードをつなぎましたが、この線は分岐ターミナルのマイナス線に割り込ませます。0.2スケアと0.5スケアの接続で、通常の接続コネクターは使えません。こういう場合は「異線径配線コネクター」を使います。

異線径コネクターを使うと、「太線」に「細線」を合流させることができます。

アース線にアース線を合流させれば、何本もボディアースする手間がはぶけますよ〜。

これで完成〜!!
さっそく点灯させてみましょう

ポチ!

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP