• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

板金塗装をもっと身近に


ブレーキキャリパーを分解しないでマスキングで塗装するデメリット

ブレーキキャリパーを分解せず、マスキングして塗装した直後

ブレーキキャリパーを車から外さずに、周囲を全部マスキングして塗装。これは不可能ではないし、ブレーキの分解・整備の手間もないので塗装料金が安くなる。しかし本来のやり方ではないので、当然デメリットがあるのだ。

分解しないとなると足付けが甘くなり、塗装が剥がれやすくなる

ブレーキキャリパー細部のマスキングが困難になる

とはいえ、ブレーキキャリパー塗装のアラは見えにくい!?

ほんだ塗装で、DIYラボ連動キャンペーン実施中…!


電話でもメール相談でも、最初に、「DIYラボを見た」と言えば、「塗装代」や「取り付け工賃」が10%オフになる。「パーツの持ち込み塗装」の料金交渉も柔軟に応じてくれる。

ほんだ塗装・本多 順

DIY Laboアドバイザー:本多 順
ワンオフ加工と塗装のスペシャリスト。エアロパーツ取り付けも仕上がりにとことんこだわるタイプ。超がつくキレイ好きでもあり、安心して車を預けられる。●ほんだ塗装 TEL:0564-58-5808 住所:愛知県岡崎市坂左右町堤上101-3 営業時間10:00~21:00 水曜定休 メールはこちら

関連記事

PAGE TOP