• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

貼りモノのきほん

両面テープの正しい貼り方(付け方)を知っていれば、気泡は入らない

両面テープの接着面に入った気泡

ドライブレコーダーは両面テープで固定するが、接着面がフロント方向から見えるため、「気泡」が入ると非常に目立つ。見た目が悪いばかりか、気泡が入っている時点で、両面テープ本来の接着力も発揮されていない。正しい両面テープの貼り方(付け方)を知っておけば、気泡レスでキレイに貼れる。

両面テープの正しい貼り方(付け方)は、ほとんどの人が知らないかも!?

気泡が入らない両面テープの貼り方

エーモン工業 中塚雅彦

DIY Laboアドバイザー:中塚雅彦
カーDIY用品メーカー・エーモン広報担当で、エーモンの顔と言える人物。端子や配線コードの仕様など細かいところまで深い知識を持っているので、DIYラボでは「電装DIYのきほん」に関する記事を担当。中塚ハカセ、とも呼ばれている。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP