• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

電装DIYの知識


配線に流せる「電流容量」の限界は知っておかないと恐い

配線コードに流せる電流の容量を比較

配線に流せる電流には、容量(キャパ)がある。「限界容量」を超えると、異常に発熱して溶ける危険もあり得る。例えば大容量の電装品を複数つなげるようなケースでは、事前に確認するべき、重要な注意点だ。

配線コードは太いほどたくさんの電流を流せる

大容量の電流を流せる3スケアや5スケアの配線コード

エーモン工業 中塚雅彦

DIY Laboアドバイザー:中塚雅彦
カーDIY用品メーカー・エーモン広報担当で、エーモンの顔と言える人物。端子や配線コードの仕様など細かいところまで深い知識を持っているので、DIYラボでは「電装DIYのきほん」に関する記事を担当。中塚ハカセ、とも呼ばれている。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP