• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

自分の車は自分で(DIYで)守る!(第2回)


車のセキュリティで使うセンサーの種類と、その目的(泥棒別に対策)

カーセキュリティで使われるセンサーの種類

車のセキュリティのセンサーには、種類がある。もちろん全センサー搭載ならば安心感は増すが、優先的に付けるべきセンサーをオプションで選んだ方が、お財布には優しい。そこで代表的な追加センサーの特徴を解説。選択の参考になる。

一番人気はショックセンサー(衝撃検知)

フィールドセンサー(接近感知)はのぞき込み対策

傾斜センサー(傾き検知)はホイール泥棒に有効

果たしてどのセンサーを優先して付けるべきか?

カーセキュリティは「威嚇」こそ大切

とはいえセンサーは近所迷惑が心配だ

DIY Laboアドバイザー:服部有亨
キーレス、オートライトをはじめとする車の電装カスタマイズで有名なコムエンタープライズ(CEP)で製品開発を担当。車の電装、プログラミングの双方に長けている。配線図大好き。●コムエンタープライズ TEL 079-230-2323 住所:兵庫県姫路市大津区天神町2-78

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP